結局、鉄フライパンが最高。

日々の暮らしに必要不可欠なフライパン。独り暮らしを始めてから、10年近くの間、テフロン加工のフライパンをダメにする度に買い替えていました。

近年のエコブームの影響か、年齢に因るものなのか、一つのものを長く使っていきたいと心情が変化してきまして、お手入れをきちんとすれば一生使える、鉄のフライパンを購入してみました。

結論として、フライパンは鉄が一番です。もう、新しいフライパンを買う事はなさそうです。重量があるので、最初のうちは取り回しに多少苦労するかもしれませんが、家庭料理ではそんなに料理人のようにフライパンを振る必要はありません。肉料理など焼き目をつけると美味しくなる料理では、テフロン加工のフライパン等とは別格の味になります。最近は、食パンを鉄フライパンで焼いていますが、火力が強いので、中はふっくらのまま表面に焦げ目がつきます。

水分が抜けず、オーブントースターで焼くより、美味しく仕上がります。

鉄フライパン、お勧めです。他の種類のフライパンは必要ありません。

鉄のフライパン関連ですが、以下のサイトの2位のruhruのフライパンが良さそうです。

フライパン人気ランキング

フライパンを買い替えたいけれど。

長年使ってきたフライパンのコーティングが、そろそろ剥げてきたので
新しいものを購入しようと検討しています。

私の中で購入するならこれ!というポイントがいくつかあります。

まず、取っ手が外れること
流し台下の収納が小さいので、コンパクトになるのはとても助かります。

もう一つは、26センチくらいの直径で、深鍋であること。
深鍋だったら、炒め物はもちろん、ちょっとした煮物やスープ系の料理も作れるので
使い勝手が良いからです。

いろいろ探しているのですが、どれもフライパンや鍋のセット販売が多いように感じます。
単品もあるのですが、割高でお得感がないんですよね。

いっそ家にあるフライパンや鍋を
一式買い替えてもいいかな、とも思っています。

鉄製フライパンのメリット

我が家では5年ほど前に鉄製のフライパンを購入しました。

それまではテフロン加工のものを使用していたのですが、テフロン加工は次第にはがれていってしまいます。

テフロン加工のものは、食材がくっつかないし、手入れもしやすいので良いと思って使っていたのですが、年月が経つにつれて加工がはがれ、焦げ付くようになってしまいました。

そこで、今度は鉄製のものを購入。最初に感じたのは、鉄製はとっても重いということ。今までテフロンを使用していたため重さに慣れるのにはしばらくかかりました。

また、鉄なので洗った後すぐに乾かさないと錆びてしまいます。その2点がテフロンと違いデメリットかと思いますが、それをカバーするくらいのメリットがあります。

まず、鉄板で料理すると料理がおいしい!火の回り方が違うのか、べたつきやすい野菜炒めやチャーハンなどもパラッと香ばしく仕上がります。肉や魚のソテーも外は香ばしく中はふんわりと仕上がります。

また、フライパンから鉄が溶けだして、食材に鉄分が含まれるようになりますので、貧血防止にもなります。それと、テフロンと違って加工を施していないので、はがれてしまう素材もなく、長く使えます。

とてもおすすめです。